ドMな客 その2ってましたけど、聞きたいことある?

ドMな客 その2

管理人監修の無料レポートのご案内

無料お持ち帰りレポート

ドMな客 その2

私はMなので、普段はSっぽいようなプレイはしません。しかし、お客さんがどうしても、というように言って来たり、予期せぬMっ気を発揮された場合は、私自身がSにならなくてはならないので大変です。

 

 

 

この時の客も、とにかく「いじめられたい」ということでした。正直、それを言われたとき、ひるみましたが、仕方ありません。ここは、自分がMなのを考え、私がされて興奮するようなことをしてあげる、というのが一番いいみたいです。

 

 

 

とりあえず、彼が寝ている布団に手を入れて、触ってあげます。だんだんと布団を剥ぎ取り、爪で乳首回りをひっかくように愛撫します。痛みをちょっとだけ感じる程度に刺激するのです。これが効きました。かなりの反応を見せます。

 

 

 

ここで言葉攻めです。「もっとしてほしいの?」と聞くと「うん、もっとしてほしい…」と蚊の鳴くような声で言います。うーん、気味悪いです。

 

 

 

とにかく、首筋から耳たぶまで舐めて、噛んであげます。

 

 

 

四つん這いになってみて、と言うと、恥じらいつつも従います。その状態で、背中からおしりのほうまで舐めてあげます。そして、アナルをちょっと刺激すると、周り中に響き渡るような喘ぎ声を上げました。アナルがツボとわかった以上、そこを重点的に攻めます。

 

アナルの後はおちんちんを攻めます。じらしながら、言葉攻めを交えてフェラチオです。高速フェラによって、ものの1、2分ほどで逝ってしまいました。

 

普段はしないS役に、疲労困憊でした。


ホーム RSS購読 サイトマップ