とある1日のこと その1

とある1日のこと その1

管理人監修の無料レポートのご案内

無料お持ち帰りレポート

とある1日のこと その1

お店自体は暇な日でも、私自体は忙しい、というパターンもあります。まず、一人目のお客さんに入ります。この人は、私を指名したわけではなくて、店のスタッフの紹介で入ったお客さんでした。

 

 

 

初めて会うお客さんというのは、やっぱり緊張するものです。まずはあいさつから入ります。「はじめまして、○○です」これに対する反応はほんとうにさまざまで、「○○です、よろしくー」と言う感じで、自分の自己紹介をしてくれる人もいれば、仏頂面で「ああ」とかしか言わない人もいます。

 

 

 

この時のお客さんは、返事自体は結構元気がいい感じだったのですが、関西から出張できている人みたいで、かなりがっついてくるような印象です。関西人だからというのではないのでしょうが、なんとなく、押しが強い感じです。

 

 

 

シャワーをするときにはおとなしくしていましたが、途中からかなり身勝手なプレイになってしまいました。そして、どうにかして挿入したい模様です…私もある程度経験がありますから、その手のお客さんはなんとなくわかるようになっています。とりあえずうまいことかわして、速攻でフェラでイかせてしまいました。まあ、何しろこういうお客さんは有無を言わさないでイカせるというのは一番いいみたいです。ただ、たまに力づくで、押し倒してくるお客さんがいます。こういう人の場合は下手に刺激すると大変ですから、すぐに店に連絡します、というふうに伝えるのがいいみたいです。大抵おとなしくなります。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ